SHAPPO 紙屋町店 (シャッポ)

私たちは帽子を洋服の延長線だと考えています。洋服を毎日着替えるように、帽子もファッションの一部として取り入れてみて下さい。こだわりのある帽子を幅広く取り揃えています。自分に似合う一点を探しにぜひ一度御来店下さい。

〒730-0031 広島市中区紙屋町2-2-18ニイタニビル1F
営業:11:00-20:30(土日祝10:00-20:30)   電話:082-249-4558

>> map

TITLE : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




はてなブックマークに追加

TITLE : 帽子のかぶり方 ~中折れハット~

☆中折れハット☆


まず初めに意外と重要な【持ち方】です。

多くの方が誤解をされていますが、下の写真のように片手でくぼみを持つのは間違いです。
型崩れの原因となり、夏の素材(特に天然草)だと割れてしまいます。
__ 3


こちらが正しい持ち方です。
かぶる時もぬぐ時もできるだけ両手でブリム(ツバ)の部分を持ってください。
それだけで型崩れの軽減となり長く愛用して頂けます。
__ 4 




【最も基本的なかぶり方】

①かぶる深さはブリム(ツバ)がまゆの約1㎝上
②頭がクラウンの天井に着つくか着かないかの所までかぶります。深くかぶりすぎて天井が変形しないよう注意してください

・・・・・たったこれだけです!難しく考える必要はありません!

__ 1 
上の画像(基本的なかぶり方)はシックなスタイルや大人の雰囲気を出したい方にお勧めです。
パーティーなどでスーツ等とご使用される際にもこちらのかぶり方(もう少し深めでもOK)が良いと思います。


また、下の写真のように生え際あたりで浅くかぶるとやわらかい雰囲気になりカジュアル感が出ます。
中折れハットをかぶり慣れていない方やカジュアルなスタイルの時にお勧めです。
__ 2


帽子のかぶり方を少し変えるだけで印象がガラリと変わったり、似合わないと思っていた物が似合ったりする事がよくあります。自分に似合うかぶり方を見つけていくのも帽子の面白いところです。 

中折れハットは特に素材や色はもちろんツバの長さやクラウンの高さなど、ほんの数ミリの違いで別物になってしまいます。正直なところ店舗で実際に被ってみないと本当に似合う形を見つけるのはかなり難しいです。お探しの際には店舗のスタッフにお気軽にご相談ください。


スポンサーサイト

はてなブックマークに追加
GOODSCOMPANY CO.,LTD
カレンダー
<< | 2017/06 | >>
SUN MON TUE WED THR FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
NEWS (331)
STAFF (3)
EVENT (14)
RECOMMEND (2)
NEWITEM (87)
帽子のかぶり方 (1)
スタッフコディネート (7)
帽子の歴史 (0)
検索フォーム
月別アーカイブ
店舗情報

SHAPPO 紙屋町店

SHAPPO 紙屋町店
(シャッポ)

〒730-0031
広島県広島市中区紙屋町2-2-18ニイタニビル1F
営業:11:00-20:30(平日)
   10:00-20:30(土日祝)
電話:082-249-4558

Follow Me
ご意見・お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS リーダー
QRコード
QR
リンク
アクセスカウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。